橘慶太さんと松浦亜弥さん夫婦が第一子妊娠を発表しましたね。
出産予定は12月で、現在妊娠8ヶ月くらいでしょうか。
松浦亜弥さんは子宮内膜症を発症したことを発表していました。
子宮内膜症は完治が難しいと言われている病気のため、妊娠したことの喜びは大きいと思います。

松浦亜弥

兵庫県出身の愛称「あやや」で人気の松浦亜弥さんは、オーディションに合格したことから芸能界入りしています。
女優としてデビューしていますが、主に歌手として活躍していました。
ハロープロジェクトに所属し、モーニング娘ではなかった松浦さんですが、安倍なつみ、後藤真希、石川梨華など、モーニング娘のメンバーとグループを結成したこともあります。
そして、歌手として6回NHKの紅白歌合戦に出場しています。
2013年に橘慶太さんと結婚を発表されました。

橘慶太

松浦亜弥さんの夫である橘慶太さんは、w-inds.のメンバーの一人です。
福岡県出身の歌手、俳優、ダンサーとしても活躍しています。
実の妹さんもファンションモデルと美形の兄妹ですね。
橘さんも松浦さん同様にオーディションに合格したことから芸能界デビューし、歌手として活躍しています。
子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、子宮の内腔意外にも子宮内膜が存在しているという病気です。
子宮内膜は本来は子宮の内腔にあるべきものですが、子宮内膜症の場合は、卵巣の中や腹膜などに付着しています。
そのため、月経の度に痛くなったり、腰痛や性交渉をする際にも痛みを感じ、不妊の原因とされています。
子宮内膜症を発症すると妊娠しにくいというイメージが強いのですが、そうではないようですが、不妊治療を行っている方の中には子宮内膜症という方が多いとは言われているようです。
辛い治療方法ではあるようですが、治療を行えば妊娠も可能ですから、子宮内膜症と診断されても諦めず治療を行うことが大切だといえますね。

まとめ

辛い病気と診断された先の妊娠ですから、喜びは大きいと思います。
ぜひとも元気な赤ちゃんを産んでほしいと願います。