happy 150x1501 明治からあの国民的おせんべいのハッピーターンアイスが発売された!9月29日にハッピーターンアイスが販売されましたね。

1個1個包装されている、2口で食べれちゃう
ちょっと甘いおせんべいのハッピーターンと聞けば
知らない人は少なくないはず。

1つ食べると気がつけば次々手が出てしまう、
国民的おせんべいのハッピーターンの味って
甘じょっぱいとわかっていても、
ハッピーターンアイスの味がとても気になりますね。

スポンサードリンク

ハッピーターンとは

ハッピーターンとは新潟にある亀田製菓が製造、
販売しているおせんべいで、
名前の由来は第一次オイルショックが原因で
日本が不景気になっていた時に、
幸せが戻るようにという願いを
込めて「ハッピーターン」と付けられたんだとか。

 

少し甘味があって、袋からハッピーターンを出したら、
キャンデーの様に包まれていて、
心がウキウキしたものです。

 

ひとつずつ個包になっているのは、
ずっと食べ過ぎないようにするためなのかな?

 

おせんべいの表面に粉が付いているから、
それで汚れない様にするためなのかな?

 

と思っていたのですが、
半分正解の半分間違いでした。

 

ハッピーターンについているたっぷりのパウダーが
取れない様にするため→正解。

 

食べ過ぎないため→一つずつ包装されていて食べやすい

 

でした。

 

そして、あの包み紙?袋?にも遊びゴコロが満載のよう。

 

「ラッキーな包み紙」ぜひ見つけてみたいものです。

 

ハッピーターンと聞くと、
甘じょっぱいおせんべいというイメージでしたが、
現在は、シュガーバター味や大人の味を楽しめる抹茶味、
やさしい口どけのきなこ味、
トマト味なども販売されています。

 

期間限定の味もちょこちょこ販売されているようなので、
見つけたらぜひ購入してみたいですね♪

 

スポンサードリンク

ハッピーターンアイスとは

ついついハッピーターンについて熱く語ってしまい、
ハッピーターンアイスから遠ざかってしまいましたが・・・

 

ハッピーターンアイスは亀田製菓と明治が
共同で開発したカップアイス。

 

味は、ハッピーターン定番の
あまじょっぱい味がアイスに変身!

 

しかも、アイスといっても
ハッピーターンと同じ原料が使わえているから、
冷たいお菓子感覚で楽しめるんだとか。

 

見た目はバニラアイスみたいだけど、
2口食べたら「ハッピーターン」の味が口いっぱいに
ひろがります!

 

まとめ

国民的おせんべいのハッピーターンの味が
楽しめるアイスということで、
ハッピーターンアイスは話題になっていますね。

 

あのハッピーターンの味や食感はおせんべいならでは・・・と
思っていた思い込みが
払拭されるかも!?

 

一度食べるとはまっちゃうかも。