neko 150x150 猫耳ヘッドホンはamazonとか通販で買えるの?猫耳ヘッドホンの使い方は?沢山ヘッドホンが販売されている中、
可愛いと評判の猫耳ヘッドホン。

猫耳は主にオタクと呼ばれる人達の間で
「萌え系」として人気が高いグッズですが、
意外と一般的な子供から大人まで好きな人は多かったりします。

そして、猫耳は漫画のキャラが使っていたりと
意外と身近だったりします。

人気キャラが猫耳を付けていると、
あんな猫耳どこかに売っていないかなぁ・・・と思っちゃいますね。

スポンサードリンク

そんな猫耳が可愛いヘッドホンになったと、
販売前から話題になっている、
猫耳ヘッドホンについて調べてみました。

猫耳ヘッドホンの使い方は?

猫耳ヘッドホンとは、
ヘッドバンド部分に猫耳をあしらった
ヘッドホン「Axent Wear」のこと。

ヘッドホンの部分で音が聞け、
耳の部分にはスピーカーが仕込まれていて、音が出せます。

一人だけの世界に浸るなら、
ヘッドホンとして。

パーティーなど大勢なら、
猫耳から音を出すという使い方ができます。

ただ音が聞けたり、出せたりするだけじゃなくて、
ヘッドホンの側面と猫耳にLEDが内蔵されているから、
部屋を暗くして、不思議な空間を楽しめそう。

猫耳ヘッドホンのカラーは4種類。

・開放的なブルー

・前向きになれるレッド

・リラックスにもってこいのグリーン

・ヒーリング効果抜群のパープル

可愛ければ話題になるのも当然ですよね。

大きなイベントに猫耳ヘッドホンを付けていくと、有名人になれちゃうかも。

猫耳ヘッドホンの価格が破格な理由は?

猫耳ヘッドホンは見た目、とっても可愛いし、確かに萌え系。

だから、話題になっているのはわかります。

でも・・・価格は・・・日本円で1台16000円!

破格な価格です。

ヘッドフォンで価格を調べてみると、オーバーヘッドタイプだと、
1万円を超えるものも多く、中には10万超のヘッドホンまで。

なので、猫耳ヘッドホンが16000円でも高くはないわけです。

猫耳ヘッドホンの破格な値段が気になるところですが、
猫耳ヘッドホンのメリットを考えてみました。

まず、部屋のインテリアとして飾ると可愛い。

もちろん、ヘッドホンなので音楽を聴くために使っても可愛い。

そして、出資を受けてからの生産だから限定品。

作られる個数に限りがあり、
友達に自慢できちゃいます( ̄▽ ̄)

特に、デザイナーさんが作るカスタムペイントは、
(価格は100万円オーバーだけど)
好みのカスタマイズができ、
自分オンリーの猫耳ヘッドホンがつくれます。

自分で使うのもよし、
萌え系の彼女につけてもらうのもよし。

と、この価格で良いことが沢山です。

ここまで、良いことばかり書きましたが、
悪いことも。

それは、出資してから生産される

重要なことなので、もう一度書きますが、

出資してから生産される

から、出資募集期間が過ぎたら、
もう手に入れることができない・・・かも。

だから、話題なのかも。

猫耳ヘッドホンはどうやって買うの?通販でも買える?

気になる猫耳ヘッドホンが買えるのは、
アマゾンなどの大手の通販??

と思いきや、通販だけど、
残念ながらアマゾンじゃないようです。

かわいい猫耳ヘッドホンは
購入の仕方も話題を読んでいます。

それは、出資者を募るクラウドファンディング。

先にお金を出して、
商品を作ってもらうシステム。

残念ながら、日本ではこの制度はまだないようで、
アメリカのクラウドファンディングサービス Indiegogoで受付中。

現在、猫耳ヘッドホンは1台150ドル
(107円現在、日本円で16,000円程度)

4台セットの大人買いは525ドル
(日本円で57,000円程度)

デザイナーさんが作るカスタムペイントの
ゴージャス使用は1万ドル
(日本円で100万円オーバー!?)

性能抜群のヘッドホンは3万円以上するものもあるので、
ほどほどの値段と言えますね。

スポンサードリンク

まとめ

猫耳ヘッドホンの出資サイトはすべて英語。

なので、日本人は躊躇しちゃいますが、
出資受付初日ですでに25万ドルを突破したそう。

出資募集期間は11月7日までだから、
あと1ヶ月弱ありますね。

出資後、2015年の4月に届くまで、
猫耳ヘッドホンの使い方をあれこれ考えて、
楽しめちゃえますよ。

(Photo by indiegogo)